HOME > > 平成12年8月号


創春館新聞 「さんぽみち」

 平成12年8月号

 hanabi
8月号 もくじ
*********** 今月のトピックス ***********
●七夕の会 ●榛名養護学校との交流会
●貝瀬さんによる登山体験記
*********** 名倉院長の健康豆知識 ***********
皮膚の老化を考える
*********** 8月の行事予定 ***********



七夕の会

療養棟
 7月6日(木)、療養棟にて 「七夕の会」を行いました。七夕の会を行うにあたり、数日前から入所者の皆さんと一緒に短冊を作り、各フロアの笹に飾り付けをしました。 一枚一枚の短冊には各々の思いが込められていました。
 会の内容は、影絵による七夕のお話と影絵によるクイズでした。クイズは影絵に映し出されたものを当てるというものでしたが、 普段から見慣れているものでも、影になるとなかなかわからないものですね。正解された方には手作りの星の首飾りがプレゼントされました。 ささやかなものですが、正解された方は大変喜んでおりました。
 最後に七夕の歌を全員で合唱しました。その歌声は天の川の織姫と彦星に届いたことでしょう。 入所者の皆さんには七夕の雰囲気を味わって頂けたのではないかと思います。


通所リハビリ
 7月7日(金)、ディルームにて「七夕の会」が開かれました。当日は、七夕についてのお話、紙芝居、 カラオケとゲームなどで盛り上がりました。
 今回の催しでは、利用者の皆様に夜の雰囲気を味わって頂くため、部屋の明かりを消したりと、色々と工夫を凝らしました。
 カラオケとゲームのコーナーになると、居眠りをしていた利用者もパッと目を覚まし、積極的に参加してくれました。そして紙芝居 “とべないほたる”では利用者の角田清二さんに朗読の手伝いをしていただきました。はじめは照れている様子でしたが、 読み始めていくうちにどんどん調子が出てきて、とても味のある朗読となりました。
 スタッフの須永くんは、今回初めての司会とあってとても緊張しているようでしたが、ピンクのネクタイをして気合いを入れたり、 徐々にジョークも飛び出したりと、意外な一面をかいま見る事ができました。終了時には利用者の皆様から司会の須永君に対して、 たくさんのねぎらいの拍手が起こりました。このようなイベントは司会者の味が出るのも一つの楽しみです。 次回のイベントでは一体誰が司会者となるのでしょうか?
 



 

榛名養護学校との交流会

 7月19日(水)、療養棟にて榛名養護学校の生徒さん達との交流会が開かれました。
 養護学校の生徒さん達には校歌や振り付け付きの合唱、手話を交えた歌などを発表していただきました。 生徒さん達の一生懸命取り組む姿に涙ぐむ方もいらっしゃいました。
 生徒さんと入所者の方が一緒になって取り組んだ「しおり作り」では、一人一人が個性的なしおりを作りました。 各グループで一つのものを一緒に作ることで、より良い交流が図れたと思います。
 今回の交流により、生徒さん達から入所者や私達職員も、勇気づけられた気がします。またこのような交流の機会が設けられたらと思います。  

1



貝瀬さんによる登山体験記 

 7月5日(水)、前橋市の貝瀬寿雄さんによる登山体験の講演会が開かれました。
 貝瀬さんは登山愛好家で、小学校の時に近くの山に登ったのをきっかけに山の魅力に取り付かれ、高校に入学するとすぐ本格的な登山を始め、 休日を利用して登山に没頭したそうです。以来、会社を退職するまでの間、奥様や会社の理解により長期休暇を利用して、数回、 海外での登山に挑戦したそうです。
 利用者の皆さんも職員も、ほとんどが本格的な登山を体験したことがないので、地図やピッケル、登山靴等、 登山に必要な道具を用いてのお話に、興味深く聞いていました



■名倉院長の健康豆知識■

【皮膚の老化を考える】 
illust   オゾン層の破壊によるものか、 昔と違って皮膚に対する紫外線の影響を強く感じる季節となりました。
 今回は、紫外線の皮膚の老化に対する影響についての話です。
 皮膚の老化には、通常の生理的老化と紫外線による光老化の二つの要因があります。 紫外線による光老化が皮膚の皮膚の老化に対して如何なる役割を果たしてきたか、 老人の方の顔面や手背の皮膚と臀部の皮膚を比べて見ることによって一目瞭然でわかります。 深いシワに刻まれた浅黒い顔のお婆さんのお尻を見て、その白くみずみずしい姿にドキッとするのは一再ならずあります。 臀部の乾燥しザラザラした細かいシワの弛んだ皮膚は生理的皮膚の老化ですが、 顔面のシミや深いシワは生理的老化と光老化の両方が渾然一体となった皮膚の老化を示しているのです。
 お年寄りのお尻を見ると、紫外線はいかに皮膚にとって大敵かということがはっきり理解できるでしょう。昨今の「ガングロ (顔を真っ黒に日焼けさせること)」もしくは「小麦色の肌」を謳歌している中高生達は、軽率の極みといえましょう。彼もしくは彼女達は、 自ら光老化を進め、皮膚ガンの危険性を背負っているのです。
 彼もしくは彼女たちの二十年、三十年後のことを考えるとき、積極的にその悪行を非難すべきでしょう。お年寄りの方は是非、「ガングロ」 の少年少女達に、その白く美しいお尻を見せてあげて欲しいものです。 



8月の行事予定

 

療養棟
デイケア
20日   納涼祭
23日 院長先生の講演会<
30日 誕生日会
3日  うたとお話の会
9日  うたとお話の会
第4週  納涼祭
第5週 誕生日会
30日 小川先生ミニコンサート