HOME > > 平成13年7月号


創春館新聞 「さんぽみち」

 平成13年7月号

7月号 もくじ

*********** 今月のトピックス ***********
お父さん、ありがとう! ~父の日のイベント~pool
フラワーパークへ行ってきました
「とんでん」へおやつツアー
みんなでドライブ
楽しかった渋川スカイランドパーク
ディズニーランドへ職員家族旅行
*********** 名倉院長の健康豆知識 ***********
肥満について考える
*********** お知らせ ***********
*********** 7月の行事予定 ***********
*********** 編集後記【あしあと】 ***********
  
 

 

お父さん、ありがとう! ~父の日のイベント~

通所リハビリ
 6月18日、通所リハビリでは一日遅れの父の日のイベントとして、「男性に感謝しましょう!お好み焼き大会」を催しました。
 当日は昼食の時間を少し遅らせ、午後のレクリエーションの時間と併せて、帰りの時間めいっぱい使い、「宴会」 の雰囲気を味わってもらおうと企画しました。
約50人の利用者の中、6台のホットプレートを使ってお好み焼きを焼き、特別にビールや日本酒、ジュースが振る舞われ宴会が始まりました。 このような企画は初めての試みでしたので、途中、ブレーカーが落ちるというハプニングも有りましたが、皆さんお酒が回り始めると、 カラオケを歌う方、大正琴を弾く方、ちょっぴり飲み過ぎて顔を真っ赤にしている方など、まさしく「飲めや歌えの大宴会」となりました。
  職員の間からも、多くの利用者の中、このような催しが出来、自信がついたと言う意見もあり、利用者・ 職員共々とても有意義なイベントとなりました。

1-1 1-2


療養棟
 6月17日(日)の父の日、男性利用者の皆様に、日ごろの感謝の気持ちを込め、父の日感謝会を行いました。
 この会では、男性利用者から「今までどんな仕事をしていたか」など、一人一人紹介していただいた後、カラオケ大会を行いました。また、 ふだんの生活ではなかなか口にすることができないお酒を、少しではありますが振る舞わせて頂きました。男性利用者の紹介では、ン皆さん 「何だかてれくさいなぁ」とおっしゃっていましたが、お話ししてくださる表情はとても誇らしく見えました。 お酒で乾杯した後のカラオケ大会では、皆さん十八番を熱唱し、楽しんでいるようでした。
  そして最後に職員からのプレゼントとして、手作りの風に揺れる壁掛けを贈らせて頂きました。
 今まで仕事を頑張り、家族を支えてきたお父さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

1-3
 


 

フラワーパークへ行ってきました。

初夏の匂いのする季節になりました。療養棟では6月27日にフラワーパークへ行ってきました。当日の朝、雨が降っていましたが、 車内では皆さんと一緒に歌を歌いながら、ウキウキ気分でフラワーパークへと向かいました。
 現地に到着すると、色とりどりのお花畑や噴水が目の前に映ってきました。参加された皆さんは大変感激していた様子でした。
フラワーパークは敷地が広く、全部を見学する事はできませんでしたが、皆さんとても楽しんでいた様子でした。
短い時間ではありましたが、参加された利用者の方々は、外の空気を味わうことが出来、有意義な時間を過ごしていただけたかと思います。  

2



 

「とんでん」へおやつツアー

3-1
 「ああ、美味しかったよー」「また行きたいね」「楽しかったよ」玄関から聞こえてきた声は、とても弾んでいました。
 これはおやつツアーから帰ってきた利用者の方が、車から降りてきたときの第一声です。通所リハビリでは6月から数回に分けて、 おやつツアーを実施しました。当日おやつツアーに参加される利用者の方々は、朝から「何を食べようか」と、 とてもワクワクしている様子でした。目的地の「とんでん」に着くと、クリームあんみつや栗ぜんざい、ジュースにビールなど、 各々好きな物を注文して、楽しく会話をしながら過ごすことができました。(中にはビールを飲み過ぎて、 顔を真っ赤にされている方もおりましたが……)
 普段顔は知っていても話す機会があまりない利用者同士が、楽しそうにおしゃべりをしている様子を見て、 この企画を実施して本当に良かったと思いました。7月もおやつツアーを計画しております。 まだ参加されていない利用者の方々はぜひ参加してみて下さい。
 
3-2


 

みんなでドライブ

 6月に入り、本格的な梅雨を迎えました。グループホームでは、遊園地に遊びに行く計画を立てましたが、お天気が今ひとつ心配。 そこで、梅雨の晴れ間を見つけては近場にドライブに出かけ、じめじめした気分を吹っ飛ばしました。
 富士見村の珊瑚寺、赤城大沼、渋川市の小野池あじさい公園など、遊園地とはまた違ったありのままの自然を堪能して、 皆さんまた一段と若返ったようです。
「次は○○へ行きたい!」「△△がいい!」など、元気な声が聞こえる中で、肝心なお天気が晴れてくれることを願う毎日です。

 4


 

楽しかった渋川スカイランドパーク

 6月8日、デイサービスでは梅雨の合間のお天気の良い日に、早朝からお弁当を作ってウキウキ、ワイワイ、 車中ではお昼のお弁当を楽しみにしながら、渋川スカイランドパークへ行ってきました。
 まずはよそ行きのおすまし顔で記念撮影を済ませた後、童心に返ってミニSLに乗ってバラのトンネルをくぐりました。 トンネルの中はバラの香りが気分を和らげてくれ、野口さんの満面の笑みをカメラに納めました。 メリーゴーランドでは江部さんが白馬にまたがり王子様に。加々美さん、高坂さんはシンデレラになりきり……。
お昼になったので「今日のお弁当は?」と開けてみると、中には、おにぎり、筑前煮、煮玉子、小女子の佃煮、手作りの浅漬け、オレンジ、 リンゴジュース…の松花堂弁当になっておりました。「誰が作ったんだ?」と尋ねたれたので、早朝から(職員の) 若林さんが作ったと説明すると、とても美味しそうに残さずきれいに食べてくれました。
真柄さんからは「とても楽しかったよ」とお褒めの言葉を頂き、利用者・職員共々楽しい一時を過ごすことができました。   

5


ディズニーランドへ職員家族旅行

 5月13日、千葉県浦安市にある東京ディズニーランドへ、職員家族旅行に行ってきました。
 毎年当館では、秋に職員旅行を実施しておりますが、小さい子供がいるために、親子で出かける機会を作ろうと、今回初めて計画したところ、 11家族38名の参加がありました。
当日は朝5時30分集合にもかかわらず、とても元気な子供達と少し眠そうな大人達が、集合時間に遅れることなく集まり、予定通りに出発。 バスは前橋インターから関越自動車道に乗り、一路ディズニーランドへ。車内でも大人達の眠そうな顔を尻目に、 子供達は初めて会ったにも関わらずすぐ友達になり、ワイワイガヤガヤと楽しみながら目的地への到着を心待ちにしている様子でした。 当日は日曜日ということもあり、渋滞が予想されましたが、予定よりも早く到着する事ができました。バスから降り、 入園口前でチケットが配られた後、院長先生から子供達へと用意していただいたお小遣いが手渡され、いざ入園。 各家族とも各々好きなアトラクションへと走って行きました。
楽しい時間が過ぎるのは早いもので、あっという間に集合時間となってしまいましたが、それでも子供達は沢山の乗り物に乗れ、 手に持ちきれないほどのお土産を抱え、満足そうな顔をしながら集合場所に戻ってきました。全員が戻ってきたとこれで、 ディズニーランドをバックに写真を1枚。その後同じルートで当館に戻ってきました。
今回の旅行は初めての試みでしたが、職員同士、また職員の子供同士の交流の場となり、とても有意義な物となりました。 

6


名倉院長の健康豆知識

【肥満について考える】 
 全世界的に見るならば、国民が肥満で悩んでいる国は、アメリカ、西欧、日本等の先進国の一部に限られます。 大多数の国の人々は飢餓に苦しんでいます。こうした面からも現代の医療というものは、 決して人間という普遍的な存在を対象としたものではないことが分かります。
 日本で行われているほとんどの医療行為は、日本という社会背景の中でしか意味を持たないと言っても言い過ぎではないでしょう。戦争中、 肥っている人は国賊と呼ばれたそうですが(本当?)、今では世間的には寛容な目で見られています。しかし、肥満の人が高血圧、糖尿病、 その他生活習慣病の予備軍であり、今後、沢山の医療費を使う可能性があることを考えるなら、やはり医療費という面から見た場合、 言葉は悪いですが国のためにならない人という事は言えなくもありません。
 肥満者の精神的な特徴の一部は、はたからみれば結構食べているのに、「そんなに食べていないのに肥るんです」という感覚の「ずれ」や、 「目の前に何か食べ物があるといつの間にか食べてしまう」という独特の「くせ」が特徴的という指摘があります。いわば、 食事にまつわる感覚に乏しいそうです。また、こうした肥満者の精神的特徴は、食行動以外のほかの日常行動にも見られるそうです。 散々人に迷惑をかけておきながら、「私、他の人に白い目で見られるんです」とかいう人や、「私、いつの間にかお金を使っているんです」 とかいう人は、肥満者に多い性向でしょうか?
 肥満の人が、様々な日常生活の中で神経が鈍感だという意見は、あまり正しい意見とは思いませんが、 どういう精神的特徴をもっているかは一考の余地がありそうです。 


 

お知らせ

 第一グループホームの西側に朝顔の支柱を組みました。朝顔がこれから大きくなって、見事な花を咲かせてくれるはずです。
 そして第二グループホームの南側には、ひまわりの種を蒔きました。現在すくすくと成長しています。 夏には大きな花を咲かせてくれるはずです。
 皆さん、ぜひ見に来てください。
 


 

7月の行事予定

 

療養棟
デイケア
グループホーム
デイサービス
4日 音楽教室
5~8日 前橋七夕まつり
7日 冷麦を食べよう!
12日 買い物ツアー
25日 お誕生日会
7日 七夕祭りカラオケ大会
13日 ちぎり絵教室
10~13日 おやつツアー
17・30日 金井さん音楽教室
23・24・27日 お誕生日会
6・7日 前橋七夕まつり
15日 そば打ち

 

 

 

編集後記

 創春館新聞『さんぽみち』7月号、いかがだったでしょうか?
 ここのところ暑い日が続き、寝苦しい夜も多いことと思いますが、みなん体調など崩していませんか? 今年の夏は例年以上に暑いようですが、 夏バテしないように、よく食べ、よく寝て、何とか猛暑を乗り切りたいものですね。
 ちなみに私の部屋にはクーラーがなく、扇風機のみで、全く暑さをしのげない状態です。どのようにしてひと夏を過ごそうか…… 大きな課題です。「はやく過ごしやすい季節がやってこないかなぁ…」と切に願う今日この頃です。