HOME > > 平成14年1月号


創春館新聞 「さんぽみち」

 平成14年1月号

 1月号 もくじ

*********** 今月のトピックス ***********
新年所感
各部署からの新春挨拶
美しいハーモニーにうっとりpen
誕生日会に謎の大物演歌歌手?が登場
楽しかったクリスマス会
ポケット幼稚園の園児達がやって来ました
*********** 名倉院長の健康豆知識 ***********
老人性皮膚掻痒症について
*********** 1月の行事予定 ***********
*********** 編集後記【あしあと】 ***********
  
 

 

年頭所感

1

皆様、明けましておめでとうございます。謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 私はラグビー、中でも大学ラグビーが大好きですが、今年は私の母校でもある早稲田大学が好調で、 1月12日には大学日本一を賭けて関東学院大学と雌雄を決するまでに至りました。
 人間の幸福感という物は、つくづく他愛のないもので、私の場合、 昨年末の早明戦で早稲田が勝った時から現在に至るまで何ともいえず幸福な時間に包まれている気がします。 早稲田が勝ったビデオを何回も再生することが何よりの睡眠安定剤になっているのです。 私はこのようにして楽しい新年を迎えることができました。皆様方の新年は如何だったでしょうか?
 パスカルという哲学者が(「人間は考える葦である」という言葉で有名な人です)、 人間というのはほんの小さなトゲが刺さっただけで不幸になる、そんな存在だと語っていた記憶があります。住み良い社会、 生きていて良かったと実感できる社会は、案外、そうした小さなトゲに目を光らせる事で達成できるのかもしれません。
 お互いを思いやる心を忘れないよう精進するというのを今年の私の指標にしたいと考えています。今年も宜しくお願いいたします。

      医療法人 富士たちばなクリニック   理事長 名倉隆夫
 


 

各部署からの新春挨拶

支援相談員・居宅支援事業所
 明けましておめでとうございます。
 介護保険もようやく少し馴染んできたかと思っていましたら、今年から短期入所の扱いが若干変わります。 なかなかわかりにくい制度ではありますが、ご利用者の皆様がより元気に、楽しく毎日を送ることができるようにと導入されたものですので、 わからないことがありましたら遠慮なくお尋ねください。今年も皆様からのご相談をお待ちしております。本年も宜しくお願いいたします。 (豊田)


訪問看護
 明けましておめでとうございます。
 皆さんはご存じでしたか?「笑い」ってすごく身体に良いんですって!笑い声を聞くことも、笑顔を見ることも、笑顔でいることも……、 大きな声で笑えたら、それはそれは簡単に身体に良い刺激と栄養をあげられるのだそうです。泣いても怒っても過ごす時間が同じなら、 笑って一日を終えたい。そんなふうに実感し、実行している訪問看護ステーションあかしあです。私は少し声が大きすぎるかな?エヘヘッ。 (下田)


医事課
 新年明けましておめでとうございます。
 日常、私達は皆様に窓口や電話でお話する機会はありますが、なかなかゆっくりお話しできないのが残念です。 今年は3人力を合わせてなるべく時間にゆとりを持った仕事ができるように工夫し、皆様と接する時間を作れるよう努力していきたいと思います。 また、日頃、お薬や保険関係等で疑問がある場合は、いつでも気軽に私達にお問い合せ下さい。(千木良)
 どんな事でも、ご不明な点がありましたらいつでも声を掛けて下さい。創春館を今年も飛び回りたいと思います。(大友)
 昨年は大変お世話になりました。まだまだ未熟者ですが、今年も精一杯頑張りたいと思いますので、皆様、宜しくお願い致します。(富岡)


リハビリ部門
 新年明けましておめでとうございます。
 皆様が良き年を迎えられたこととお慶び申し上げます。
皆さんとこれからもっと仲良くなれるように頑張ります。「パタカ」を合言葉に!(荒井)
 皆さんと楽しくリハビリできるよう頑張ります。(岩澤)
 皆様の名前がなかなか覚えられず、積極的に声掛けができませんでしたが、今年は通所・入所の方に限らず、 全ての人と話ができるように頑張ります。(齋藤)
 皆様方に楽しい時間を過ごしていただけるよう、さらにリハビリ部門を充実していきたいと思います。〔武井)
 皆様と「明るく・楽しく・元気に」リハビリが行えるように頑張りたいと思います。皆様が満足する物療を行っていきたいと思います。(冨澤)
今年も宜しくお願い致します。


療養棟2階
 新年明けましておめでとうございます。
 今年も療養棟スタッフ共々、皆様と一緒に健康で、元気に、楽しく過ごせたらと思っています。また今年も沢山の行事を企画しております。 先ず手始めに1月には餅つき大会や大すごろく大会、毎月の行事であります誕生日会や買い物ツアー等盛り沢山ですので楽しみにしてください。
 そして、創春館を利用してくださる皆様とレクリエーションなどを通して、心のケア・身体のケアをさせていただきたいと思います。また、 それが皆様に伝わるよう頑張りますので、今年一年宜しくお願いします。(山田)


療養棟3階
 明けましておめでとうございます。
創春館の職員として2度目のお正月を無事迎えることができ、とても嬉しく思っています。昨年は皆様に本当にお世話になりました。
 失敗もあったりしましたが、お陰様で毎日楽しく仕事をすることができました。毎日毎日、新しい発見や勉強になることがあり、 とてもやりがいのある職業だと思います。
 今年は3階増床ということもあり、さらにパワーアップし明るく元気に!をモットーに頑張りたいと思います。 本年もどうぞよろしくお願い致します。(永井)


通所リハビリ
 幼少の頃より年があらたまるということを大切にと、明治生まれの祖父母から教えられてきました。箱膳に正座して祖父母の話を聞き、 おせちを食べ、祖父から手渡されるお年玉に胸を弾ませたお正月の一こまひとこまを懐かしく思い出します。
 クリニックの頃から数えると、通所リハビリでは6回目のお正月。皆様と一緒に楽しい年を迎えられることを何より嬉しく思います。
 祖父母があの日に教えてくれたように、気持ちを引き締め、新しい年もしっかり皆様のお手伝いをさせていただきたいと思っております。
 「足並みを揃えて明るいリハビリ、目指すは元気と若返り!」
 今年もどうぞ宜しくお願い致します。(諸田)


グループホーム・デイサービス
 明けましておめでとうございます。
 グループホームあかしあの里2、デイサービスわきあいあいが開設し、皆様にご支援いただきながら、ようやく8ヶ月が過ぎました。
 今年もより一層、皆様に喜んでいただけるよう、「笑いを絶やさず、日々の生活を楽しんでいただけるあかしあの里、わきあいあい」 をモットーに努めて参りますので、職員一同宜しくお願いそます。(宮下)


ヘルパーステーション創春
 明けましておめでとうございます。
 今年も皆様が地域や家庭で安心して生活が送れるよう、お手伝いをさせて頂きたいとスタッフ一同張り切っています。(中島)
 いつも皆様から喜びを頂いているような気がします。これからは少しずつお返ししたいと思います。本年もどうぞよろしくお願い致します。 (新井)
 仕事で一番重要なのは、コミュニケーションだと思います。 利用者の皆様から本音を伝えてもらい一緒に向上していこうという気持ちを持つことの大切さを実感しています。 ケアサポートを通じて日々自分も勉強させてもらっている気持ちを仕事に反映できたらと思います。(女屋)
 ヘルパーの仕事を通じて感じることは、皆さんお話が大好きと言うことです。そして帰るときは必ず「ありがとう」 と言ってくれる言葉に次回も心温まる言葉を掛けたくなります。これからも良い仕事を心掛けていきたいと思います。(古屋)
 


 

美しいハーモニーに皆うっとり

12月5日、 デイルームにて毎月音楽教室でお世話になっている関由美子さんとそのご友人の江原香織さんによるミニコンサートが開かれました。
 当日は利用者の方々が一緒に歌える歌を中心に選曲してくださり、まるで安田祥子・ 由紀さおり姉妹のような美しいハーモニーを時間いっぱい聴かせて頂きました。普段、あまり聴く機会のない生の歌声に、 参加された皆さんはとても喜んでおりました。またこのような機会を作り、今回聴くことができなかった方々にも聴いていただけたらを思います。  

2


 

誕生日会に謎の超大物?演歌歌手が登場!

12月19・21/22の3日間、デイルームにて13名の方の誕生日会が開かれました。12月の最高齢者の方は渡邉いくさん(96歳) で、今月上旬から来館されています。
 12月と言うこともあり、クリスマスらしいコーラスやハンドベル演奏で盛り上がりました。しかし、 何といっても21日に登場した謎の超大物?演歌歌手には、皆さん度胆を向かれたことでしょう。突然の登場に皆びっくり。参加者全員で「雨、 雨、降れ降れ~、もおっと降れ~」…しかし、その正体は………?

3
 



 

楽しかったクリスマス会

4

療養棟
 12月のメインイベント「クリスマス会」は、星の冠を入居者全員に配り開会しました。 『ベツレヘムの星』をイメージした手作りの冠をかぶり、クリスマスの気分を盛り上げたところで、厳かに「キリスト生誕劇」を鑑賞。 特別ゲストに療養棟3階の井部かねさんを天使に迎え。 キリストの出産シーンも見せてしまうという過激な劇を2階のV6のメンバー2人が華やかに?演じてくれました。
 劇の後にはクリスマスキャロルの美しい歌声を皆様にと、「ドゥーワップコーラス隊+高橋政子さま」が披露してくれました。 エレクトーンの音色が美しく厳かにクリスマスの気分を盛り上げたところでサンタさんの登場。石関サンタが特別出演、 ローラースケートをはいて所狭しと駆け回り、そして転び、笑いとともにプレゼントを一人一人に渡し回りました。 クリスマスカードを添えたハート形のポプリ入れのプレゼントに皆さん喜んでくれた様子でした。
 クリスマスの喜びと笑いをお届けして、きっと今夜は、皆さんサンタの夢を見たかも知れませんね。

デイサービス・グループホーム
 12月12日、グループホーム・ デイサービス合同にてクリスマス会を行いました。
 ちょっとお腹の出っ張ったサンタクロースの登場で会場も盛り上がりました。スタッフによるハンドベルの演奏、入居者、 利用者による合唱など、皆それぞれ工夫を凝らした出し物で楽しい時間を過ごしていただきました。輪投げ大会ではあかしあ2チームが優勝。 (スタッフが足を引っ張りましたが、皆さんのフォローで何とか頑張った!)見事な運動神経を見せております。
 サンタクロースからプレゼントをもらい、皆さん笑顔で楽しまれていました。
 

 

ポケット幼稚園の園児達がやってきました!

5-2
  12月12日、ポケット幼稚園の慰問が行われました。当日は、普段より早めに昼食を取り、 可愛い園児達が来るのを今か今かと待ち望んでいました。
 待ちに待った園児達が到着し、午後1時より園児達による歌やおゆうぎが始まりました。参加された皆さんは、 全員が各々に楽しまれていた様子でした。普段であれば昼食休みをする一番眠い時間ですが、この日ばかりは園児達の熱演ぶりに、 目を丸くして見入っておりました。
 また、この日はちょっと早いサンタクロースが登場し、園児・利用者ともに盛り上がった一日となりました。最後に、プレゼント交換を行い、 次回の再会を約束して閉会となりました。ポケット幼稚園の園児の皆様、本当にありがとうございました。


 5-1


 

名倉院長の健康豆知識

老人性皮膚掻痒症について 
 痒みは高齢の方では良くある訴えの一つで、冬場になると特にその数は増えます。何故なら、痒みの原因となる疾患は種々ありますが、 冬場になると出現する痛みは、乾燥皮膚によるものだからです。
 室内ではセントラルヒーティングが湿度を下げ、室外では皮膚が寒さで風にさらされるので、 乾燥皮膚による痒みの症状は冬に最悪となるのです。乾燥皮膚によるかゆみは、大部分が老化現象に伴う皮膚の乾燥によるものですから、 乾燥した皮膚を治すよう試みるべきです。
 できるだけ家の中が湿度を保つようにし、入浴では強い石鹸を使ったり、垢すりなどで皮膚を痛めないようにしなければいけません。 できれば風呂上がりに頻回にたっぷりと保湿剤を使うのがいいでしょう。そして、湿疹状態になっていたら早めに治療を行うべきです。 間違っても痒みを我慢して「孫の手」に頼っていては、痒みは強くなるばかりでしょう。 


 

12月の行事予定

 

療養棟
デイケア
グループホーム
デイサービス
2日 餅つき大会
9日 関さんの音楽教室
10日 買い物ツアー
13日 新春特別企画「大すごろく大会」
16日 コールポプリコンサート
23日 誕生日会
4・5・7日 新年会
16日 コールポプリコンサート
12・26日 小川さんの
   クリスマスコンサート
22~25日 誕生日会
   金井さんの音楽教室
4日 新年会
16日 カルタ大会
29日 誕生日会

 

 
 

 

編集後記

 新年明けましておめでとうございます。今年のお正月は皆様、どのようにお過ごしになりましたか?私は、大きなお腹を「うんとこしょ! 」と支えつつ・・・六歳になったばかりの娘と散歩を楽しみました。
 さて、私事ですが一月七日から出産の為、休暇を頂きます。元気な子供を産んで4月中旬から復帰させて頂きたいと思います。
 皆様、ますます寒くなりますが、体調を崩すことなく有意義に一日一日をお過ごしください。
 ≪新聞委員1号≫