HOME > 最新情報 > さんぽみち8月号更新しました


最新情報

 さんぽみち8月号更新しました

 本文からのピックアップ記事


今月も本文から、最新の記事をちょっぴりご紹介します。
 
明月 5周年に向かって

 

明月 感謝祭に向けて01.jpg
伊香保ケアセンター明月は、5周年を向かえることが出来ました。これもひとえに地域の方々・ご利用者様・ご家族の方々のご協力があればこそと御礼申し上げます。
 明月感謝祭は9月3日(土)より開催を予定しています。6月の初めより内容を煮詰めてきましたが、色々と案が出てきては職員同士で話し合いを行い、時にはアドバイスも受けてきました。私の中では、きっといいものが出来ると確信しています。今年からエネルギーにあふれた若い職員も入り、より活気のある感謝祭を明月らしい、笑顔と明るさで盛り上げていこうと思っています。今年もより一層職員力を合わせて「明月らしさ」を忘れず頑張っていきたいです。

 

デイサービスゆめさき
 みんなで前橋七夕まつり見学へ
DSゆめさき 七夕01.jpgのサムネール画像
デイサービスゆめさきでは、7月7日に前橋七夕まつりへと出かけました。当日はとても良く晴れており、絶好のドライブ日和となりました。今年もゆめさきでは前橋七夕まつりに、利用者様と協力して作った作品を出展しました。他の施設の作品なども見学しながら、綺麗で涼しげな七夕飾りに彩られた、オリオン通りをわきあいあいと楽しく歩き、最後には皆で記念撮影をして帰館しました。また、来年も利用者様と一緒に見学へ行けたらと思います。
 

 

続いて創春館通所リハビリでは

 

創春館通リハ①.jpg
七夕の準備は6月中旬頃より短冊に利用者様の願い事を書いていただくことから始まりました。利用者様の思いを込めた短冊は、レクリエーションで作ったちょうちんや輪つなぎなどと一緒に立派な笹に飾られました。
七夕の当日は、まず短冊のご披露です。「杖で歩けるようになる」「車椅子から卒業する」「早くよくなって世界一周!!」とご自分のリハビリの目標を書かれた方、「妻といつまでも仲良く暮らす」「家族に負担をかけないように」と家族を気遣って書かれた方、そして俳句を詠んで下さった方もいました。
そして今回は、職員による寸劇『竹取物語』(原作をアレンジ)の披露させていただきました。あいくるしいおじいちゃん、かいがいしくお世話するおばあちゃん、主役のかぐや姫はれっきとした男性職員、他部署からも応援にかけつけて、名役者勢ぞろいです。かぐや姫を奪いとろうとする3人の若者は圧巻でした。おかしな演出と面白いアドリブに、利用者様は大笑い。楽しい七夕の1日となりました。後日、「織姫さまと彦星さまが天の川で会えたのかな?」と心あたたまる言葉を掛けて下さる利用者様もいらっしゃいました。

 

その他、定番コーナー『名倉院長の健康豆知識』は、「認知症のはじまり?」です。その他、各事業所便りや吾輩はジータであるなど読みどころ満載です。

 詳しくはさんぽみち8月号の本文へ どうぞ!!