HOME > 最新情報 > さんぽみち9月号更新しました


最新情報

 さんぽみち9月号更新しました

 

今月も本文から、最新の記事をちょっぴりご紹介します。

納涼祭で暑さを吹き飛ばして元気いっぱいです!

 デイサービスセンターゆめさき   納涼祭は大盛況
DSゆめさき①.jpg
 デイサービスセンターゆめさきでは、八月六日に納涼祭を行いました。今年は初の試みとして、三日を一日にまとめ、多くの利用者様に来ていただき盛大に行いました。今年はお祭りのゲームとして、定番のヨーヨー釣りや輪投げを用意し、皆さん楽しそうに笑いながら童心に帰ってゲームを楽しまれていました。昼食の時間には、職員が鉄板で焼いて作った焼きそばやフランクフルトで、楽しい食事の時間を過ごしました。昼食後は、みんなで御神輿の練り歩きを行いました。「わっしょい!わっしょい!」と大きな声を出して館内を練り歩き、お祭りを盛り上げました。また、今年はボランティアの方に八木節音頭を披露して頂き、活気のある踊りと演奏に会場は大盛り上がりとなりました。そして、最後に全員で大きな輪になり、盆踊りを踊って閉会となりました。利用者様の素敵な笑顔がたくさん見られ、今年の納涼祭は大盛況の内に幕を閉じました。




 GHゆめさき   ゆめさき納涼祭
GHゆめさき①.jpg
 

 グループホームゆめさきでは、八月七日に家族会を兼ねた納涼祭を行い、今年は初めての試みとして地域の方々を招待しました。

 しかし当日はあいにくの雷雨のため、外での屋台は中断となり、DSフロアーにて歌謡ショーを見学。カラオケ上手な方達の歌にうっとりと酔いしれながら御家族の方々と楽しそうに焼きそばや、冷汁、焼まんじゅう、かき氷などを食べられる利用者様の姿が印象的でした。今回の最大の盛り上がりである歌謡ショーでは、皆が知っている「熱海の夜」や「愛のままで」など沢山唄って頂き、最後の曲「マツケンサンバ」では皆でタンバリンを叩きながら唄ったり踊ったり、普段おとなしい利用者の方もこの時はノリノリで参加され、生き生きとされていました。

 

続いて今月の事業所便り

 春らんらん   そうめんの上だ下だでいとおかし
春らんらん.jpg
  八月二十四日、春らんらんでは季節感を味わって頂くために流しそうめんを行いました。利用者から「こんなので本当に流れるの~??」と不安な声も聞かれましたが、無事に流すことができました。そうめんを箸で掴めず素手でとられる方もいましたが、「美味しかったし、楽しかったよ~」と喜んで頂けました。今後も利用者様に楽しんで頂ける様な行事を企画していきたいと思います。

 その他、定番コーナー『名倉先生の健康豆知識』は、「慢性便秘について」です。また、各事業所便りや吾輩はジータであるなど読みどころ満載です。

 詳しくはさんぽみち9月号の本文へ どうぞ!