HOME > 最新情報 > さんぽみち7月号更新しました


最新情報

 さんぽみち7月号更新しました

 

さんぽみち7月号更新しました。今月も本文からちょっぴり記事を紹介します。

ケアセンター朱咲特集 祝3周年!!!

朱咲トップ記事.jpg

管理者挨拶

 ロンドンオリンピックが開催される2014年7月、ケアセンター朱咲は開設3周年を迎えることができました。これもひとえに2011年開設以来、利用者・家族の方々や地域の方々、そして市役所並びに各関係機関の支援および協力の賜物と感謝しています。

 開設記念日の7月1日には、小規模多機能ホーム・グループホーム合同で、おやつの時間にケーキを作り、皆でお祝いの歌を歌って朱咲の誕生日を祝いました。

 私個人としては、昨年春、城田前管理者からバトンを受け継ぎ、頼もしい個性豊かなスタッフに背中を押してもらいながら何とかグランド1周することができたという感じです。

これからも地域の方々に愛され信頼されるケアセンター朱咲になるよう職員一同頑張ってまいりますので、ご支援ご協力の程よろしくお願い致します。

                                                                ケアセンター朱咲 管理者 石関 和行

続いて、今月の事業所便りから

 療養棟2階

熱唱!ものまねカラオケ大会

H24,7療養棟2階①.JPG

 療養棟2階では、28日にものまね歌合戦を行いました。職員が水前寺清子さんや小林旭さんなどいろいろなものまねをして盛り上がりました。MVPを獲得した『愛して頂戴ね』は、「芸人さんがきたのかい?(笑)」「よくあんな高い声が出せるね(爆笑)」など声が聞かれ、利用者様ほぼ全員に大爆笑して頂きました。これからも利用者様に楽しんで頂けるようなイベントを企画していきます。 

 

 DSゆめさき

父の日の寸劇

DSゆめさき父の寸劇②.JPG

 6月17日は父の日でしたが丁度日曜日のため、ゆめさきは休みでした。その為、次の日18日に父の日のイベントで、職員にて父の日にちなんだ寸劇を行いました。その日に来館予定の男性利用者8名の御家族の方々にエピソードをお伺いし、それをもとに1つのドラマにしました。職員9名によるドタバタ劇です。始めは、皆ギクシャクしていましたが進んでいくうちに、利用者の方々の拍手や声援により役者魂に火がついたように、職員も楽しんで演じていました。利用者様のエピソードの中で、1番印象に残ったのが、甘いものが好きで昼の弁当の中に甘納豆や甘いものを入れていた事と、カレーの中に砂糖を入れて家族に食べさせたとの事です。それも再現したところ皆様がびっくりしていましたが、楽しんでいただけた様子です。父の日は中々忘れられがちですが、これからも皆様に喜んでいただけるようなものを作って行きたいと思います。

 

環境美化委員会より

ポーチュラカ.JPG

 創春館に入所されていた樺澤ゆき様の御家族様からいただいた、ポーチュラカの花が今年もきれいに咲き始めています。いただいたポーチュラカの苗は創春館だけでなく、各グループホームや、デイサービスなどにも植えさせていただきました。利用者様も散歩の途中に足を止め、かわいらしいポーチュラカの花を見て、笑顔で「綺麗だね」と喜ばれています。可憐な花を長く楽しめるよう、利用者様と一緒にお世話をしてゆきたいと思います。

樺澤様、ありがとうございました。                                                    環境美化委員一同。

 

 その他、院長先生の健康豆知識や吾輩はジータであるなどを掲載しています。気になる方は是非、さんぽみち7月号の本文へどうぞ!