HOME > 最新情報 > さんぽみち8月号更新しました


最新情報

 さんぽみち8月号更新しました

さんぽみち8月号を更新しました。今月も本文から記事を紹介します。

明るく楽しく元気良く!グループホーム涼風の家

涼風1.JPG

 

 平成19年8月1日に涼風の家が開所して、早いもので五年が経ちました。入居者様2名、スタッフ7名でのスタートだったことが、昨日のことのように思い出されます。日々努力。日々勉強。スタッフが意見を出し合い、時には衝突もありましたが、「涼風の家を良くしていきたい!」その気持ちだけで、今日まで走ってきたように思います。
 「相間にある施設は、一体何の施設だい?」開設当初、良く耳にする言葉でした。それが今では、「相間に“涼風の家”があるんだよ。」と、地域の方々にも覚えていただき、たくさんの方に立ち寄って頂けるグループホームになりました。五年という月日の中には、たくさんの出会いと別れがありました。嬉しいことは共に喜び、苦しいことや辛いことは分け合い、いつも入居者様とスタッフとが、気持ちを共有しながら過ごしてきました。以前、名倉理事長がこんなことを仰いました。『自分の家族と過ごすよりも、入居者様やスタッフと過ごす方が多い。それならいつも楽しく、笑顔でいたいじゃない♪』涼風の家のスタッフは今日も笑顔を絶やさず、個性溢れる入居者様と、楽しく元気に過ごしています。同じ時間を過ごすなら、やっぱり楽しい方が良い。明るく!楽しく!元気良く!倉渕という自然溢れる環境の中で、これからもスタッフ一同、努力を惜しまず頑張っていきたいと思っています。今後とも、グループホーム涼風の家を宜しくお願い致します。
 
                                                         グループホーム涼風の家   管理者 保科 仁美
 
続いて事業所便りから、創春館通所リハビリ
一度はやりたい?ちゃぶ台返し
創春館通リハH24.8月②.JPG
 創春館デイケアでは、7月7日、七夕祭りを開催しました。天井に届く程の笹の枝に、利用者様の願い事を書いた短冊を下げ、色とりどりの手作りの飾りをつるして、笹の枝をいっぱいにしました。お祭りに、色を添えるゲームでは、男性人気№1の射的、一度はやってみたい?ちゃぶ台返し、記念に残るプラ板作りに挑戦して頂きました。
 射的では、男性陣のピストルを握る手つきと構えが、さながらガンマンの様でした。ちゃぶ台返しは、今はそうそう実行する人もいなくなっていると思いますが、たまには、そんな衝動に駆られる日もあるのでは?と想像しての企画でした。ひっくり返す手に、特別な力がこもっているように見えたのは、気のせいではないと思います。おやつには、屋台で買った気分の鯛焼きを食べて頂きました。年に一度の七夕祭り、天の川に思いを寄せて、七夕の歌で締めくくりました。
 
 
 行事企画委員会より
 今年も感謝祭の季節が近づいてきました!
 毎日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか?今年も感謝祭を開催いたします。予定としましては、バザーなど楽しみな企画が満載となっています。
 開催日程は10月14日(日)を予定しておりますが、詳細につきましては、来月号のさんぽみちでお知らせいたします。皆様方の参加をお待ちしています。
 
その他、院長先生の健康豆知識は『お肌の大敵?』です。さんぽみち8月号、是非ご覧ください。