HOME > 最新情報 > さんぽみち9月号更新しました


最新情報

 さんぽみち9月号更新しました

さんぽみち9月号を更新しました。

 今月も本文からちょっぴり記事を紹介します。

 

創春館通所リハビリ納涼祭!

創春館通リハH24.9②.JPG

8月8日(水)~11日(土)の4日間、創春館とクリニックの、合同通所リハビリ納涼祭を開催しました。“お祭り”に『盆踊り』と『模擬店』は欠かせません。利用者様の打つ太鼓に合わせて『東京音頭』と『炭坑節音頭』で祭りの始まりです。「盆踊り」の後は『模擬店』。毎年色々な『模擬店』が登場する通所リハビリの納涼祭、今年の目玉はなんと言っても初めての試みとなる『流しそうめん』です。暑い暑い夏にピッタリ!緩やかに流れる水の音は風情があり、涼しさを演出してくれました。利用者様の人気も上々で、皆さん箸やフォークを片手に一生懸命そうめんをすくっておられました。上流で上手にすくう方が多いと、下流では「まだ来ない、まだ来ない」と声がかかり、麺が流れて来るのを待ちきれない様子でした。

創春館通リハH24.9①.JPG

 最終日の4日目は、「ビクトリー川田&ブルーサウンズ」&「いくこフラスクール」の方々に締めくくりをお願いしました。ハワイアンの演奏とフラダンスはまさに納涼祭のために準備して頂いたプログラム、夏の暑さを吹き飛ばすひとときでした。最後は通所リハビリ恒例の「百歳音頭」を踊り今年の納涼祭は幕を閉じました。「盆踊り」で始まったお祭りは「盆踊り」で終る。お祭りの醍醐味を十分味わうことのできた懐かしく、楽しい4日間でした。

 

 

続いて事業所便りから

星辰の家

男性は食べる専門??

星辰の家①.JPG

星辰の家では8月21日に小規模・グループホーム利用者様合同でおやつ作りをしました。今回は、おはぎを作りました。職員は経験がない事だったので、利用者の方々に聞きながらのおやつ作りになりました。最初は上手く出来ませんでしたが、利用者の方々の指導を受けながら、何とかおはぎに近い物が出来ました。一部の男性利用者は「俺は食べる専門だから」と話され、たくさん食べられました。他の利用者も「美味しく出来たね」や「いっぱい食べたよ」と喜びの声がありました。おはぎ作りは初めてでしたが、利用者の方々に協力していただき無事に出来ました。これからも色々な物を利用者の方々と作っていき、喜んでいただきたいと思います。

 

その他、院長先生の健康豆知識は『生物進化と呼吸』です。気になる方は是非、さんぽみち9月号の本文へどうぞ!