HOME > 最新情報 > さんぽみち10月号更新しました


最新情報

 さんぽみち10月号更新しました

さんぽみち10月号更新しました。本文からちょっぴり記事を紹介します。

伊香保ケアセンター明月 おかげさまで6周年!!

明月10月号⑤.JPGのサムネール画像

 さて、毎年行われる、明月感謝祭、地域の小学生、父兄、利用者ご家族のみなさん等、参加人数も、毎年増え、伊香保の恒例行事になりつつあります。

 今年は気象にも恵まれ、汗と涙の嵐の中、昨年に引き続きフードファイトをチャレンジしました。昨年の覇者としては、30代最後の勇姿を利用者様、職員へ見せ付けるチャンスでありましたが、毎日の不摂生がたたり、噴き出してしまいました。そんな私を、利用者様が逆に「大丈夫、無理しないで」と気を使っていただき、恐縮です。 

        グループホーム管理者 平林 徹

 

 伊香保ケアセンター明月はおかげさまで六周年を迎えることができました。利用者様を始め、ご家族や地域の方々、またスタッフやスタッフの家族など、皆様に支えられここまで来ることができました。その思いを精一杯の感謝の気持ちとして、『明月感謝祭』を行いました。

当日、最高の天候のなか、屋外では男性スタッフを中心とした焼きそばやジュースの屋台、屋内では歌や踊りのイベントを初め、調理係による愛情こもった手料理の数々等、スタッフの不器用ながら精一杯のおもてなしを感じていただけたかと思います。

 まだスタート地点に立ったばかりの明月は、これから利用者様やご家族また地域の方の信頼をいただき益々成長していければと思います。

 出会い、縁、それはまさに宝。これからも明月宝箱を愛してくださいますようスタッフ一同今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    デイサービス明月管理者   津久井 巧

 

今月の事業所便り

 しらさぎ

 敬老の日に紅白まんじゅう

しらさぎ3.JPGのサムネール画像

 グループホームしらさぎでは、9月9日に敬老の日にちなんだお祝い膳と、利用者様と一緒に紅白まんじゅうを手作りしました。おまんじゅうを作っている際、利用者様は昔作った経験からか手早くコロコロと上手に丸めていらっしゃいました。おやつの時にみんなで作ったおまんじゅうを召し上がり、「とてもおいしかった。」との声がたくさん聞かれました。そのあと敬老の日のお祝いのプレゼントの枕カバーを渡すと、「良い夢が見られるかね?」と話されていました。しらさぎでは90歳を過ぎた利用者様が7名いらっしゃるので、100歳をめざしこれからも健康で過ごせるように援助できたらと思います。これからも楽しいイベントが出来たらと思います。 

 

 療養棟2階

 色々な寿がならんでます

療養棟二階 1.JPGのサムネール画像

 療養棟二階では、19日に敬老会を行いました。一般棟では10名以上の方々が寿を迎えられます。傘寿、米寿、卒寿、白寿、百三賀とそれぞれを迎えられましたが、皆さんとてもお元気です。寿を迎えられた皆様に敬意を表し、表彰状を送呈させていただきました。他の皆さんにも表彰状を送り、院長先生も皆さんに向けて歌をプレゼントしてくださいました。

 * 2階利用の小川参二様は前橋市の男性の最高齢であるそうです。1月に104歳を迎えられます。

 

その他、各事業所便りも届いています。気になる方は是非、さんぽみち10月号の本文へどうぞ!