HOME > > さんぽみち10月号


創春館新聞 「さんぽみち」

 さんぽみち10月号

さんぽみち10月号もくじ

・星辰の家納涼祭と敬老会

・各事業所便り

・院長先生の健康豆知識

・文芸作品

・行事予定

・編集後記

 

星辰の家

第五回 納涼祭と敬老会!!

H25 10月星辰2.jpg

星辰の家では九月一日に納涼祭を行いました。天気予報では雨でしたが、みなさんの日頃の行いが良かった為?!か、久しぶりの快晴に恵まれました。例年、午後から初めていましたが、今年は祭りの気分を感じて頂こうと、お昼から始め、職員手作りの焼きそばで、祭りの気分を盛り上げて頂きました!

 模擬店もフランクフルト・かき氷・からあげポテト・射的などを、ボランティアの方々の協力のもと、沢山用意する事が出来ました。この日は快晴で気温も高かった為か、予想以上にかき氷が好評で用意した氷では足りず、急遽創春館に行き、氷を調達してくる場面もありました。そして他の模擬店のものも好評で喜ばれました!

 そして、出し物は毎年好評でお世話になっている、上州赤城太鼓の方々に来ていただきました。子供たちの力強い太鼓の演奏に、大きな音に驚かれながらも、喜んで見て聞いていただき、大変好評でした。その後のスイカ割りでは、こっそり目隠しを外そうとされる利用者の方々や利用者の家族のお子様も参加され、皆様声を上げて応援されていました。

 最後には来場の皆様全員参加のビンゴ大会を行いました!読み上げられる番号に、一喜一憂され、番号が揃い色々な景品を当てていただき、大変もりあがる事が出来ました。来年は今年より更にみなさんに喜んでいただける納涼祭を目指して頑張りたいと思います。

 更に九月十三日には、お世話になっている利用者の方々に喜んでいただこうと、敬老会を行いました!前もって利用者の方々に感謝の気持ちを込めて書いた敬老カードを作り、準備をしておきました。当日は若かりし頃を思い出していただこうと、ボーリング大会を開催し、その間に他の職員がホットケーキ作りをしました。ボーリングで軽く汗を流してもらった後に、準備していたホットケーキを出しチョコやクリームでそれぞれトッピングをして食べていただき、用意した敬老カードを渡しました。皆様大変喜んでいただき職員も嬉しく感じました。

 星辰の家では利用者の方々に楽しく、そして喜ばれるイベントを考え、毎日を頑張っています。これからも星辰の家をよろしくお願いします。

 

GHしらさぎ

美味しかった中華料理

しらさぎ10月2.JPG九月六日、グループホームしらさぎでは久しぶりの外食ドライブに行って来ました。場所は近所の中華のお店バーミヤンです。皆さんとても楽しみにされていて、メニューを見ては「どれもおいしそうだねぇ。」など目を輝かせていました。料理が届くとみなさんあっという間に召し上がり、何杯も御代りをされる方もいたほどです。「おいしかったよ、また来たいね。」と皆さんとても満足されていたようです。帰りには回り道をして、前橋の市街をドライブしながら、ケーキ屋さんでおやつを買って帰りました。久しぶりのドライブを満喫された様でした。

 また後日、お彼岸という事で、みんなでおはぎづくりを行いました。職員が、あんことご飯を渡すと、慣れた手つきで上手に丸めていらっしゃいました。なかには丸めずにそのまま口の中に入れてしまう方もいらっしゃいましたが、そこはご愛嬌。おいしくおはぎをいただきました。また楽しんでいただけるような企画をしていきたいと思います。

 

療養棟二階

おやつ作りで、茶巾絞り

H25.10療養棟2階写真.JPG九月のおやつ作りでは、茶巾絞りを作りました。生地はサツマイモをペーストにしたものを用意し、利用者の方と混ぜ合わせて硬さを調整してから絞り用の布に生地と栗とかぼちゃのトッピングをのせて優しく絞り、出来上がりです!食した時、利用者の方から「昔はよく作ってお茶請けにしたね」「甘くて美味しくできたね」など、昔を懐かしむ声も多く聞かれ、楽しんでいただけたようでした。

 

通所リハビリ

長寿を祝う会

通所リハビリ.JPG

九月十九日に、コーラスグループ「アンサンブルそよ風」の皆様をお迎えして“長寿を祝う会”を行いました。当初は、敬老の日の当日である十六日に行う予定でしたが、生憎の台風のためこの日に延期させていただいていました。素晴らしい秋晴れに恵まれ、そよ風の気持ち良い午後でした。

 現在、創春館通所リハビリの利用者様の最高齢は、女性が百一歳、男性が九十七歳です。ご利用されている方の中に百歳に近い方がまだまだ沢山居られ、リハビリに一生懸命に取り組まれています。

 コンサート中はアンサンブルそよ風の皆様の透き通るコーラスに合わせて、利用者様も童謡・唱歌をご自身の幼いころの思い出と重ねながら口ずさんでおられました。また曲の途中では敬老の日に纏わるお話や楽曲の解説もあり、とても充実した一時間となりました。 会の終了後、職員より利用者様へ、折り紙で作った楊枝入れと手作りのメッセージカートをプレゼントさせていただきました。

 これからも皆様には、いつまでもお元気にお過ごしいただき、利用者様の中から、県内一・日本一の長寿者が出るといいなと思っています。

 

わきあいあい

気分は草津温泉?

わきあいH25.10.JPG

わきあいあいのとある一日、利用者様と温泉の話をしていると、「草津温泉に行ってみたい」「伊香保の温泉はいいよ」「最近は足浴をしている所も多いよ」との話になり、急遽、午後足浴をしようと盛り上がり、わきあいあいのお風呂場で行なう事にしました。

ズボンを膝上までまくり、湯に足をつけると「あったかいね~」「これはいいね」とお酒の変わりにジュースを出して、皆でいい湯だなを歌い大笑いしました。職員の「おもてなし」にとても喜んでいただきました。これからも利用者様の笑顔が見られるようわきあいあいらしいイベントを行なえればと思います。

 

明月 

 第七回明月感謝祭!

25.10明月(2).jpg

明月は皆様のおかげにより創立七周年を迎えました。皆様に感謝の気持ちを込めて八月三十一日に感謝祭を開催致しました。焼きそば、フランク、カキ氷、明月カフェ、ヨーヨーすくいと楽しい物尽くしの出店が並びました。今年のメインは例年とは一味違う家来と女神様?でした。

また、各部署の法人職員を始めとして、多方面から皆様のサポートをいただきました。その中でも伊香保中吹奏楽の皆様には、オープニングとして「あまちゃん」などを演奏していただきました。この場を借りて御礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。

 

あかしあの里Ⅱ

八十六歳を祝うお誕生日会

あかしあの里2 10月号記事写真.JPG

 さわやかな秋晴れの日が続いております。あかしあの里Ⅱでは、八十六歳を祝うお誕生日会を開きました。主役の利用者様を囲み、好物のお肉を使った料理を召し上がっていただきました。おかわりをする方もあり、皆さん少し食べ過ぎ!?のようでした。昼食会の最後に、同じホームに入居されている奥様が祝辞を述べられ全員で歌を歌いました。八十六歳のロウソクを一気に吹き消し、とても喜んでおられました。生クリームとチョコレートのハーフ&ハーフのショートケーキも大好評でした。

 

 クリニック通所リハビリ

美味しいポップコーン!クリニック花壇の収穫祭

クリニック通所H25.10月号(2).JPG

 クリニック通所リハビリでは、ポップコーンを作り、利用者様方に召し上がってもらいました。実はこのポップコーンのもととなったトウモロコシは、ある利用者様に育て方を教えていただきながら、当クリニックの花壇で育てたものです。はじめは「本当に育つのかな?」と不安の声もありましたが、日々成長を見守りながら、大事に育ててきたトウモロコシ。調理の際も、熱心にその様子を覗いている方がいらっしゃいました。そしていざ、実食。ふんわりサクサク、ほんのりしょっぱいポップコーンを、皆様に笑顔で召し上がってもらうことができました。トウモロコシの成長も見てきたので、美味しさもひとしおです。これからも、リハビリの合間、目や舌で季節を感じて楽しんでいただけるよう、利用者様方の力をお借りしながら、花壇の充実をはかっていきたいと思います。

 

春らんらん

敬老の日に昼食バイキング&カラオケ大会

春らんらん 10月号 写真.jpg

九月一六日、春らんらんでは敬老の日のお祝いとして、職員手作りの昼食バイキングを楽しんでいただきました。メニューは、お赤飯、おいなりさん、にんじんと竹輪と里芋の煮物、浅漬け、グラタン、フルーチェのデザートなど。家庭的な味付けが好評で、「おいしいね。」といって、ふだん小食な方もおかわりをしていらっしゃいました。午後には、利用者様と職員の大カラオケ大会で盛り上がり、食べて歌って踊って、にぎやかな一日となりました。

 

あかしあの里Ⅰ

いっしょだね

あかしあの里I(1).JPG

あかしあの里Ⅰでは九月二十七日にお誕生日会を行いました。誕生日者様二名が同じ生年月日ということで「珍しいんねえ」と皆様からも声が上がり、お二人へのお祝いのメッセージやハッピーバースデイの合唱のプレゼントを贈りました。にぎやかだったお誕生日会もケーキが用意されると静まりかえり、皆様一心不乱に召し上がられ「美味しいね」と笑顔がこぼれていました。最後に健康と長寿を祈り和やかなお誕生日会を締めくくりました。これからも毎年利用者様に喜んでいただけるお誕生日会にしていきたいと思います。

 

涼風の家

いつまでもお元気でいてくださいね

H25.10涼風の家(2).JPG

「わー!今日はごちそうだねぇ!今日は何があるんだい?」と、入居者様の嬉しそうな声!涼風の家では、簡単ではありますが、ノンアルコールビールとお寿司をたくさん準備して敬老の日のお祝いを行いました。

ご自宅では晩酌が欠かせなかったという入居者様は、久しぶりのお酒(?)に「酔っ払っちゃうよ」と言いつつ嬉しそうな笑顔。普段食が細い方も、お寿司となれば話は別と、スタッフがびっくりするくらいたくさん召し上がっていました。これから寒くなる季節を迎えますが、寒さに負けないで元気に過ごしていきましょう!

 

GHゆめさき

 十五夜~feat.満月

GHゆめさき(1).JPG

十二、十三、十四、そして十五夜。

九月一九日、午前十時半、団子作り開始!お供え用、おやつ用との二グループに分かれ、各々、大小様々な団子を丸めています。ある方は「昔はよく作ったねー」と懐かしみ、またある方は「早く食べたい」との声も聞こえ、楽しみながら団子を丸め、茹でました。茹であがった団子をすすきの隣に並べ、とても雰囲気の良いものとなり、残りはきなこ団子にして、おやつに皆でぺろりと食べました。夜にまんまーるきれいな満月が現れて、皆さん待ちわびたかのようにカーテンを開けて、「きれいだねー」と、お月見をしました。

 

療養棟三階

飲み屋のママがいるお誕生日会

専門棟10月号(2).JPG

専門棟では九月十九日にお誕生日会を行いました。誕生日者が男性一人という事で催し物として、男性スタッフに女性に変身していただき、ミスコンテストを実施しました。当日出勤出来ない男性スタッフには事前に協力していただき、化粧ばっちりの女装した写真を撮影しました。はじめ写真だけでは、とても男性には見えないようで、「きれいだね」と眺めていましたが、実際に女装した男性スタッフが登場すると段々と「何だかおかしいぞ、男じゃないか」と驚かれ、顔を赤くして恥ずかしそうに笑う方もいて大いに盛り上がりました。

 

DSゆめさき

ゆめさき敬老会

DSゆめさき1.JPG

デイサービスゆめさきでは、十六日の敬老の日に敬老会を行いました。敬老の日の由来、ゆめさき長寿番付け発表。上位長寿者に皆さんの前に出ていただき、今までの生涯を振り返って色々なお話をしていただきました。その中で、長寿の秘訣はなんですかという質問に「悩み事をしないで、自分の好きなことをして生きる」や「好きなものを沢山食べる」という答えが返ってきました。自分らしく自分のペースで生きることが長寿の秘訣なのかなと・・・。最後に利用者皆さんに感謝の気持ちを込め、感謝状を贈りました。皆さんに喜んでいただけ、良かったです。また来年も敬老の日のお祝いをしましょう。皆さんいつまでもお元気でいて下さい。

 

あかしあの里Ⅲ

嬉しい誕生会

あかしあの里III.jpg

九月十二日と二十日に、お誕生日会を行いました。花束を抱えて、大きなケーキを前に記念撮影をしました。お二人とも照れながらも、笑顔でポーズを決めて写真にとられていました。周りの皆さんから拍手とお祝いの言葉をかけていただき、ご挨拶をひと言お願いすると「ありがとうございます。また来年の誕生日までがんばります。」と元気に答えてくださいました。

 

ケアセンター朱咲

第四回朱咲祭

ケアセンター朱咲10月号(1).JPG

九月八日、第四回朱咲祭が行われました。あいにく天候は雨で、どうなる事かと不安でいっぱいでしたが、テレビにも出ているパセリさんのモノマネショーを始めとしスタートから大盛り上がりでした。利用者様の「ガハハ」という普段の倍ほど笑っている様子が忘れられません。続いて日本舞踊です。先程とは正反対の慰問でしたが美しく見とれている方も多くいました。模擬店の品も好評で朱咲の自称浴衣美人も多く、天候に負けない祭を迎えられたと思います。

 前回より多くのご家族、地域の方、他部署の方に足を運んでいただきました。来年は朱咲五周年、更に力を入れ、更なる利用者様の笑顔を増やしたいと思います

 

 

院長先生の健康豆知識

 

「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」とは?

      ー熊さん八っつあんの会話よりー

 

熊さん(A):先日、医者へ行ってよお、「COPDですね」って言われたんだよ。

八っつあん(B):なんでえ、そのCOPDって訳の分からない言葉は。

 

 A:俺だって何の事言ってんだか分からねぇから、その若い医者に言った  さ、「先生何語だか知らねえが、日本語で言ってくんないか」、「それは失 礼『慢性閉塞性肺疾患』という長い病名なので、英語でCOPDと簡単に 言ってます」って言うんだ。

 

 B:何でも英語で簡単に済ませればいいってのは、情けない発想だね。もっ と簡単な日本語を考えりゃいいじゃないか、俺が考えてあげるから、ちょっ とその病名について説明してみろよ。

 

 A:てめぇ、大きくでたな、「あなたはタバコを喫っていましたね」って聞く から、「そうともよ、今も十~二十本位喫ってるよ」って応えたさ。そう  したら、「タバコの煙が肺に悪さをして、年とると出てくる病気だ」ってん だ。

 

 B:いわゆる自業自得ってやつかい?俺はちょっとタバコの煙すってものど がいがらっぽくなって、とてもすう気にやならねえけど、熊さんのタバコ

 をすう時の顔、たまらなく嬉しそうだぜ。そんなに美味しいものかい? タバコは?

 

 A:そりゃ、食後の一服なんてのは、気持ちがスッとして幸せ!という気 持ちになるぜ。

 

 B:酒飲んでる時も喫ってるじゃねえか、あれはどうなんだい。

 A:酒飲んでるときや、酔っぱらって気持ちいいから、気持ちいいのつけ  足しみたいなもんよ。ハチは、酒もタバコも身体が受けつけないみたいだ けど、何が楽しみで生きてるんだい?

 

 B:大きなお世話ってもんよ。まったく、俺みたいに酒もタバコもダメな 男にとっちゃあ、熊さんなんか、酒やタバコで散々いい思いをしてんだか

 ら、何か罰が当たるっていうか、いい事の裏返しがあった方が、お天道様 は正しいっていう気がするぜ。

 

 A:こう見えても沢山つらい事があったんだが、タバコをすってる時間は、 確かにハチの言う通りかも知れねえな。若い頃から散々いい気分を味わっ て、そいでもって年をとっても元気で医者いらずってのは虫のいい話かもな。

 

 B:ところで一体どんな事で医者へ行ったんだい。

 

 A:いやぁ、二、三年前から、富士見のベイシアへ行く時の坂道がきつく なってねぇ、途中で休み々しながらでないと行けねえでやんの。てっきり  年のせいだと思ってたんだが、ここ数ヶ月は、風呂に入って身体をふくのも 大事で、ちょっと咳や痰も出るようになったんで、医者に行く気になった のさ。

 

 B:熊さんは本当に医者嫌いだもんな、

 

 A:医者はタバコと動いたときの息切れから、その病気に違いねぇとにら んだようなんだ。『あなたはしっかり食べてるのに、最近やせてきたでしょ う。それは呼吸するのにずいぶん努力してるからなのです。それが証拠  に、息を吸うとき、首の横の筋肉を一生懸命使っていますし、鎖骨に囲  まれた部分がずいぶんへこみます。こうした症状はCOPDが疑われる  所見なんです。』と探偵みたいな言い方で鼻をひくひくしながら、言った のさ。その後、レントゲンをとって、思い切りプーッと息を吐く検査をし  て証拠固めってわけだ。

 

 B:レントゲンは分るけど、何だそのプーッと吐く検査ってのは?

 

 A:何でも長い間タバコを吸ってると気管がやられ、気管が繋がっている 奥の、数え切れないほどたくさんの風船がうまく膨ら  まなくなるか、膨らんだまま閉じなくなってしまうらし く、思い切り吸ってもはいても、うまく空気の出し入れ  が出来なくなるそうだ。それを調べる検査って事だ。笑 わせるぜ、その検査で七十三の俺の肺は、九十八歳だっ  てよ。

 

 B:それは愉快だ、熊さん。九十八って事はほとんど死 んでるってことだぜ。そろそろお陀仏ってんじゃないかい??

 

 A:てめぇ、この野郎。人の不幸をそんな風に。そんなに 簡単にくたばってたまるかってんだ。医者にもらった吸入 でいくらか楽になったから、勧められた呼吸の運動もしっ かりやってるし、絶対てめぇより長生きしてやらぁ。とこ ろでハチ、ここまで話してきて、てめぇの 考えた日本語の 病名ってのは何なんだ。

 

 B:そうさねぇ、簡単にいやぁ、長い間タバコの煙や何か で気管が細くなって、風船の働きが悪くなって、風船のと ころでやってる酸素と二酸化炭素の交換がうまく出来  なくなった病気だろう?「年をとって、取り残された空  気の物語」ってのはどうだい?

 

 A:ピンとこねぇなぁ。

 

 B:年をとって出てくる病気ってのは、生活習慣病って事 でもあるね。生活習慣病ってのは優しい言葉だぜ。こち  とらからしちゃ、『因果応報の病』ってことにしたいね。

 

 A:ハチの言うことなんかロクでもねぇから、このあたり は専門家に、それこそロクでもない論文を書く前に、

 『慢性閉塞性肺疾患』などというわけの分らない名前じゃ なく、素人でもしっくりくるインパクトのある日本語の 病名をつけてもらいたいね。

 

 

文芸作品

 

ずい想

 

私はおもう。

リハビリはあたえる側と、与えられる側との両方「真摯」な態度とあたたかい気持ちでぶつかり合ってこそより効果的「実」ができると思う。

もう一度反省しよう。

      トーリン(藤林)様

 

暑い夏 やっと遠のく ススキの穂

民謡の 踊る姿の 艶やかさ

        菅野 邦夫様

 

ふっくらと 丸くなったか 雀たち

    初霜踏んで 落穂ついばみ

 

秋空に トンボの赤が 良く映えて

      運動会の 子らの歓声

        高橋 三佐男様

 

黄金色 早く始めし 稲刈りの

    諸手を挙げて 待ちわびし

        原田 カヅヱ様

一筆啓上

 

全職員から公募を募って作っていた、和歌シリーズ「春」、「夏」、その次は当然「秋」と思っていたら、今回はちょっと趣向が変わって、一筆啓上ということになりました。

 これは、自分の想いを伝えたい人に贈る、一筆の手紙です。

 優秀作品を紹介させていただきます。

 

 ・我が息子、真歩(まさと)へ

 

 ただ真っすぐ歩んでもらいたくて

      星辰の家 北嶋 則光

 

 ・子供へ

 

 そううまくはいきません。

   だってあなたはお母さんの

           子供だもの

      星辰の家 福田 智栄

 

 ・息子達へ

 

 元気満点!!

 家が壊れる前に大人になってね。

   クリニック通所リハビリ

           神道 志保

 

 

今月の行事予定

 

☆療養棟三階☆

10日 買い物ツアー

17日 運動会

26日 おやつ作り

31日 お誕生日会

 

☆療養棟二階☆

10日 買い物ツアー

23日 運動会

30日 お誕生日会

 

☆あかしあの里Ⅰ☆

 上旬 コスモス見学 ドライブ

 下旬 お菓子作り

 

☆星辰の家☆

下旬 第5回星辰の家 運動会

 

☆明月☆

15日 運動会

20日 榛名湖ツアー

お誕生日会

紅葉ドライブ

 

☆通所リハビリ☆

 8、9日 運動会

10日 水野先生のハーモニカ教室

15~18日 お誕生日会

23日 レッドシャトー

26日 車椅子ダンス

 

☆GHゆめさき☆

 9日 外出・外食(くら寿司)

27日 朱咲合同運動会

 

☆GHしらさぎ☆

 1日 お誕生日会

18日 リンゴ狩り

下旬 おやつ作り

 

☆朱咲の家☆

上旬 秋のおやつ作り

中旬 コスモスドライブ

27日 合同運動会

 

☆DSゆめさき☆

 1、4日 お誕生日会

7~9日 おやつ作り

14~19日 外食ツアー

21日 久保さんカラオケショー

22、23日 映画上映会

24日 だんべい会慰問

25~28日 運動会

 

☆あかしあの里Ⅲ☆

10日 運動会

15日 手作りおやつ

25日 パンバイキング

日程未定 夢を叶えるツアー

 

☆春らんらん☆

 9日 季節のおやつ作り

    (ぶどうのムース)

17日 運動会

30日 ハロウィンパーティー

   の帽子作り

31日 ハロウィンパーティー

 

☆あかしあの里Ⅱ☆

 1日 衣替え

17日 十三夜(お団子作り)

29日 お誕生日会

 

☆涼風の家☆

 5日 倉渕こども園運動会 観覧

10日 倉渕中学校文化祭 観覧

19日 水沼獅子舞 観覧

 

☆わきあいあい☆

17日 お月見会

19、22日 お誕生日会

24、25日 運動会

 

編集後記

 

厳しかった猛暑も過ぎ去り、ようやく涼しい季節となりました(といっても、倉渕の方は涼しいを通り越し、すでに肌寒いくらいです・・・)。涼風の家の周りでは稲刈りが済み、はんでぇ掛けされた稲の黄金色が美しいです。

さて、私事になりますが、最近バドミントンを始めました。友達と簡単にゲームをする程度のお気軽なものですが、運動とは縁のない毎日を過ごしてきた身体には結構な運動になっています。この調子で、少しやせられたらいいなぁ・・・。

今月も「さんぽみち」をお読みいただき、ありがとうございました。

                               広報委員 富田裕子